海外不動産でサクサク投資する|リスクを知るべし

ビルや住宅

海外で注目の新しい旅の形

住宅模型

観光客のための宿泊を提供

今、世界中でairbnbを利用した旅行が人気を集めています。airbnbとはエアビーアンドビーと呼びますが、ホテルや旅館ではなく一般の民家に宿泊しながら旅をする方式です。日本でも海外旅行客が増大しており、民泊が注目を浴びていますが、それと同じようなものです。これから不動産投資をする場合、airbnbのシステムに加入して宿泊費を得るという方法も考えられます。例えば大阪市は海外からの観光客がたくさんやってきます。ホテルや旅館が一杯で宿泊できず、民泊を行っている住宅やマンションもあります。大阪市のようなところで正式にairbnbに加入して、民泊経営をするのも不動産投資の新しい在り方として有望です。

安定した収入が得られる

airbnbに参加して民泊をやる場合に、注意したいのが言葉の問題です。片言の英語が理解できることと、コミュニケーション能力が必要とされます。日本の場合はおもてなしの心が浸透しているのでトラブルはほとんどなく、安心してゲストを迎えることができます。英語ができなくても日本語で対応することが、airbnbの魅力の1つでもあるのでコミュニケーション能力さえあればゲストの人気を集めることができます。人気が出るとネットなどで情報が流れるので、常にゲストを受け入れることができます。特に大阪市は京都に近いので多勢のゲストを受け入れることができます。これから不動産投資を考えている人は、今後の展望も視野にいれて大阪市でairbnbのホストを務めれば安定した収入源になります。