海外不動産でサクサク投資する|リスクを知るべし

ビルや住宅

初心者の不動産投資

女性

個人や法人を問わずに、不動産投資を始める場合に最も重視するべきことは、長期的な経営の安定性です。様々な収益物件が購入できる大阪で最も注目されているのが、一棟売りのマンションやアパートです。居住用物件は入居者が確保しやすいので、大阪で不動産投資を始めるときに最もふさわしい物件のカテゴリーです。収益物件の情報サイトを利用することで、初心者にも適した大阪のマンションやアパートが探せるでしょう。入居希望者が多い最も標準的な間取りの物件であれば、誰でも高い稼働率の賃貸経営が行いやすいです。シングル向けの賃貸経営では20平米前後の面積が最適であり、ファミリー向けであれば3LDKの間取りが入居者の募集に好都合です。

不動産投資の初心者が大阪で収益物件を買うときに注意するべき点は、将来的に必要なコストを十分に見積もることです。新しい建物であれば清掃などの月々の少額なコストが必要なだけですが、10年後には建物の大規模な修繕も必要です。建物の面積によっては1000万円以上の大規模修繕費用が必要になるので、収益物件の購入時にはコストのシミュレーションも十分に行うべきです。様々な費用を支出したうえで年率8パーセント以上の利回りが実現できる物件であれば、将来的にも有望です。空室リスクが将来的には高まるので、稼働率80パーセントを想定しながら収益の予測を行うのがポイントです。しかし適切な管理を行うことで、誰でも満室の賃貸経営が行えるでしょう。